錦織君を見ていたら、もう一度、テニスを始めたくなった!

錦織君を見ていたら、もう一度、テニスを始めたくなった!

錦織圭君は本当に素晴らしい!彼のテニスを見ていると勇気づけられるし、もう一度手にを始めてみたいと思った!

若白髪って抜いたらダメなんだね食材宅配サービスが流行ってるんだってパパ活で生活できるみたいだよ。スポーツ選手も脱毛するんでしょうかね?足が細くなるマッサージ?中学時代から硬式テニスをしていました。

若白髪って抜いたらダメなんだね

仲のいい友達の髪を見たら若白髪があったので、単純に抜いてみたんですね。

そうしたら滅茶苦茶キレられてしまって、ビックリでした。何でも若白髪を抜いたら白髪が増えてきちゃうらしいんですね。そんなこと聞いたこともなかったから、こっちもビックリ( ゚Д゚)ですよ。

もちろん、すぐ謝ったので事なきを得ましたが白髪の悩みってなった人にしか分からないんですね。
自分の中ではそこまで怒る事なのかなって疑問に思いましたが、当事者にしか分からないんですよね。若白髪で思い出しましたが、そう言えばずいぶん昔に実家に住んでいた時、母親が白髪染めは面倒だと言っていたのを思い出しました。

美容院で白髪染めしていましたが、髪の毛を切るのではなくリタッチしたり、改めて白髪染めしたりとそれだけの為に美容院に行くことが凄くもったいなく感じ始めたり、面倒に思えたりで結局は家でレディースビゲンを使っていた記憶がよみがえりました。レディースビゲンスピーディー♪みたいなCMもありましたよね?なんだかすごく懐かしいですね。

男性の観点から言えば、髪の毛の色々な問題は白髪と抜け毛(禿げる)があるのですが、私としては白髪の方が断然いいと思います。白髪は髪の毛があるけど毛が白いだけであって、髪の毛はある訳で、禿げてしまうと白髪にすらならないので断然知ら眼の方がましだなと思います。

私自身もすこし、M字的な髪の毛の後退があって孫正義さん風に言うと髪の毛が自分のスピードに追い付いていないって事らしいですけどね。

最後に友人には髪の毛があるだけましなんだから、そんなに気にするなよと言っておきました。
俺は白髪になる髪の毛が生えてこなくなったんだからと。

気休め程度ですが、お前よりも俺の方が大変なんだよという事を伝えておきました。

食材宅配サービスが流行ってるんだって

なんでも食材の宅配サービスがこれから流行るというか今流行りつつあるらしいですよ。食材宅配と言うと結構ダサいですが、ミールキットの宅配サービスと言うらしいです。

元々はアメリカのベンチャー企業が上手くいったサービスのようでその流れで日本にも上陸したようです。
日本ではTastyTable (テイスティーテーブル)という企業がベンチャーとして頑張っているようです。

しかしそれ以外の企業でもミールキットという名称ではなく宅配食材と言う形で色々と展開しています。例えば、オイシックスであったり、ローソンやセブンの食品であったり、ワタミなども行っているようです。

宅配食材ってそのうちアマゾンが参入してきそうですね。今は食品関連にも手を出し始めていますので、アマゾンで食品を扱えばかなりの多くのユーザーがそれを利用するのではないでしょうか?

ネットスーパーなども気が気ではないでしょうし、リアル店舗のスーパーなどももしかしたらアマゾンに食われる日が来るのかもしれません。

この宅配食材サービスですが、流行したのには訳があるんです。
どういう事かと言うと、SNSなどで拡散させるという違う目的がかなえられるためです。
見た目が美しい自作の料理をインスタグラムやツイッター等にUPする事で、リア充をもっともっと今まで以上にアピールできる環境が出来上がっているのです。

こういった背景もあり、ミールキットは全米で盛り上がりベンチャー企業が成功したようです。
少し違っていますが、似たような例ではCOOKPADもそれに近しいかもしれません。
料理のレシピを公開する事で、事業を拡大させてきましたが、これはSNSでは無いのですが、皆が簡単にまねできるようにレシピを公開する事で、クックパッドも成長したし、リアル投稿ユーザーもかなりの満足している形となっています。

今では料理という分野もサブカルチャーの域を超えてドンドン新たな事業として確立されているのかもしれませんね。

私も時間があれば試してみたいサービスだと思いました。

パパ活で生活できるみたいだよ。

世の中ナメテルやつ多いよね。

マジで?って思ったことが最近ありました。なんて羨ましいのだろうか?
私も良く、ご飯に誘っていただくのですが、ただ飯を食うというか、奢っていただいておりますが、それでもご飯を食べに行ってお小遣いまでもらった事は無いけどな。

若い女性の世界では今そういう事がパパ活って言う現象として流行っているらしいのです。
流行っているというか、一部でパパ活をして生活収入以上の収入を得ているという事なんですね。

例えば、1回ご飯を食べに行って5万円もらう。とか、1回一緒にドライブして3万円もらうとか、月に定期的に会うようにして、お小遣いとして15万円もらうとか。もうね、半端じゃないんですよね。金額が。

毎月15万円って大卒の初任給ぐらいありますからね。それをなんとご飯食べに行ったりするだけで得られるという事は働いていることの意義が見つけられなくなるような気がするな。

逆に普通に働いた時にはこれだけしかもらえないという事で、ありがたみを感じられるようになればいいんだけど、若い時にはそんなこと考えられずに働くことが馬鹿みたいに思えるだろうな。

そんな風にはなって欲しくないと思いながら、記事を読んでいました。

地域的にはどんなところで流行っているかというと、やはり東京でしょうね。東京発祥の地でそこからツイッター等で広まっていった感じではないでしょうか?

今までは出会い系で男を探して身体を…していた人達が、そういう事をしないでもお金が稼げる時代になってきたんですね。もちろん、そういう事をしている人たちもいるんでしょうが、健全に(何が健全か分かりませんが)パパを見つけている女性も多いようですね。特に名古屋でパパ活をしている女性も多いようですよ。

なぜ名古屋なのかはわかりませんが名古屋では結構流行ってるんでしょうね。なんだか新しい商売じゃないですが新しい働き方というか、生き方というかを見せつけられた気分ですね。

若い女性って正直本当に羨ましいわ。

スポーツ選手も脱毛するんでしょうかね?

僕と兄はテニスをしているんですが、妹は小学校からずっとバスケをしていました。小学校の頃からバスケ部に入りやっていたのですが、その小学校に来た先生がバスケの凄い人のようで、それがキッカケでバスケットチームに入り、メキメキと実力を発揮し、全国大会で優勝するぐらいの力を身に着けていましたね。大学でもバスケをして実業団に入ることもできたようですが、さすがにもうバスケだけの人生に疲れたって事で、遊びでバスケをできる環境にいたいと思い、実業団入りはやめたようです。

うちって結構スポーツ系の兄弟だったんですよね。兄は未だにテニスのコーチで飯食ってますし、妹は毎週バスケットやってるみたいですし、僕は最近はたまにゴルフやるぐらいであまりスポーツに打ち込んでいなかったので、しっかりとスポーツをする時間を作りたいなと思います。スポーツ選手で特に女性は大変みたいですね。

何でも初めて聞いたんですが、ムダ毛処理?脱毛って言うんですか?そういうのに気を使わなければいけないようで、スポーツ選手の女子って脱毛とかしているんですかね?

そもそも、スポーツ選手じゃなくてもしている人が多いようで、ちょっと調べてみたら大阪のストラッシュっていう店が有名のようですね。

最近の流行りの最新脱毛とか何とかって言って結構妹が興奮して饒舌になって話をしていたので、すごく有名なのかなって。そういえば昔、母親もやっていたような気がするなぁ。こんなことしてる事誰にも言うんじゃないよって言われた記憶がありますw

僕が若いころ付き合っていた女性で夜の営みの時に、膝が触れ合うとチクチク痛い子がいて、あ~幻滅って思ったことはありましたが、ああいうのはちょっとキツイですね。そうならないためにも女性は脱毛が必要なのかもしれませんね。結局ああいうのって自分で脱毛処理するからおきちゃうんでしょうからね。色々とみんな大変なことが多いですねw

さて、私もスポーツできるように時間をしっかりと調整して自分の時間を有効に使わないといけませんね。頑張ります!

足が細くなるマッサージ?

足が細いと奇麗に見える気がしませんか?例えば、良く思う事が後ろ姿はメチャクチャタイプな女性がいるとか、そういう事です。スポーツをやっているとどうしても筋肉を使う事が多いので、腕や足などに筋肉がつくことになりますが、それはそれでなんというか、きれいだと思うんですよね。

でも、どう見ても足が太い女性って多いじゃないですか?そんな人達は足を細くしようとか思わないんですかね?全く興味が無いのかな?どう考えても足が細い方が女性としての魅力は大きいと思うんだけどな。

美脚を目指せとは言わないけど、太ももやふくらはぎなんかはダイエットするのも難しいのかな?マッサージだけでも結構な下半身エクササイズになるみたいですよ。

足が細くなるためのマッサージ方法 http://www.xn--y8juc1e3086a3ir.com

上記サイトによると、リファというものを使って2分でできる簡単足痩せマッサージなどもあるので参考にしてみてはどうでしょうか?
お風呂に入りながら、TVを見ながらの「~しながらダイエット」なんてすごく便利だと思いますよ。

 

ところで、ボトックス注射というのもあるんですね。知りませんでした。
ボトックス注射とは、ボツリヌス菌という毒素から精製された製剤を注射し、筋肉の萎縮を促す美容医療です。 ボトックス注射には、小顔やシワの解消、ふくらはぎの痩身や多汗症の改善などの効果も期待できるのだとか。

でも、毒素を体内に取り入れる方法は少し怖いな。女性は凄いね。どんなことでも美の為には頑張れるんですね。足元がキレイであることは全体的に見る場合も含めてすごくきれいに見れると思います。逆に足が太い女性はあまり美意識に興味が無いのかな?なんて思ったりもしますね。

男性からみた意見と女性から見た意見とでは全然違うかもしれませんが、それでも、やっぱりきれいでいたいのであれば下半身ダイエットは絶対にした方がいいと思うけどな。

中学時代から硬式テニスをしていました。

僕は、中学校時代に硬式テニス部でした。今は36歳なので約20年前かな?あの頃は本当にスポーツ少年でした。

僕が中学生の頃はまだテニスの人気は非常に少なく、硬式テニス部が中学校にあるところは稀でした。もちろん、私立中学などのお金持ち学校であれば、そうでもないのですが、私が通っていた学校は公立中学でしたので本当に少なかったです。

地区予選がもうすでに県大会なので、県大会を優勝すると全国大会に出る事が出来ました。確か、優勝しなくてもベスト4ぐらいまでに入れば全国大会に出場できたような気がします。

当時、中学1年生だった僕は兄が中学3年生にいて、テニス部に入っていたので僕もその兄を真似てテニス部に入りました。中学1年の時は、テニスコートが1つしかないので3年の先輩、2年の先輩が終わった後に、本当に少しだけコート内でPLAYする事が出来るレベルでした。基本は外周と言って学校の周りを10週走り、後は筋トレをしてその後は先輩方が練習している後ろで玉拾いに徹するというのが日常でした。

まず初めに教わった事は、素振り。毎日毎日、「1,2,3」と声を出しながら、素振りを練習しました。今思えば、しっかりと型を覚える為でしょうね。玉を打つ訳でも無く、ただただ、素振りの練習。その練習もテストがあり、先輩が合格を出してくれるまでボールを打つことはできませんでした。合格することで、初めてボールを打てるのですが、はじめはホームランばかりw

サーブなんて、全く入らないし、全く当たらないwそれでも、少しでもうまくなりたいという一心で本当に努力しました。土日や祝日などに近くにあるテニスコート(堤防に民営のテニスコートがあって自転車で20分ぐらいのところ)まで行って、テニスボールも新品ではないハゲハゲのボールで良くみんなで頑張って遊んでいました。今思い出しても楽しかったなぁ~。

話は飛びますが、僕は中学の時に個人ダブルスと団体で全国大会に出場しました。どちらもダブルスで出たんですが、個人戦は1回戦の相手が優勝してしまうほどうまい人で、全く歯が立ちませんでした。

団体戦はコンソレーションという一回戦負けのチームの優勝決定戦があり、確かそこそこ良いところまでいった記憶があります。まぁ~どちらも一回戦負けなので、やはり全国のレベルは高かったなぁ~と今になって思いますけどね。

その後、高校生になってテニスよりも遊びを覚え、だんだんテニスをしなくなって社会人になり、錦織君のPLAYを見てまたテニスがしたいなぁ~と思うようになりました。テニススクールに通って頑張ってみようかな?

Copyright ©錦織君を見ていたら、もう一度、テニスを始めたくなった! All rights reserved.

ログイン